芝生の植え方

長方形の切芝を置くだけの最も一般的な芝生の張り方。
張り芝とは、芝産地で長方形に切り取りとられた切り芝(ソッド)を、植付ける場所に直接置いていく方法を意味します。張り芝には「ベタ張り(100%張り)」、「目地張り(70%張り)」、「市松張り(50%張り)」などがあります。
ベタ張り(100%張り) 目地張り(70%張り) 市松張り(50%張り)
ベタ張りは、最初から完成状態にすきまなく張り付ける方法です。最も早く芝生が仕上がりますが、材料を最も多く使うため、その分コストも最も高いものとなります。ベタ張りはすぐに芝生を使いたい場合に最適です。 目地張りは、切り芝と切り芝の間を2〜5cm程度あけて切り芝を置いていく方法で、この隙間を目土で埋めていきます。 市松張りは、ベタ張りの半分の材料を市松模様(チェッカーフラッグ状)に置いていく方法です。材料もベタ張りの半分で済み、最も経済的な方法ですが、芝生ができあがるまで最も長い期間が必要となります。

  ベタ張り 目地張り 市松張り
メリット 最も早く芝生ができあがる。 経済的でありながら、できあがるまでの期間も比較的短い。 最も経済的
デメリット コストが高い 中途半端な仕上がり。目地がふさがるまで、相当な期間が必要。 目地がふさがるまで相当な期間がかかる。裸地に雑草がはえやすい。