芝生の植え方

ゾイシアンのまき芝専用機「M-way(エムウェイ)」は、機械内部に搭載された芝苗専用散布ユニットが、芝苗を均一に散布、その後ピッチの密な多重ディスクによって芝苗を押え、その上から表土を被覆する新開発のまき芝技術です。芝苗の散布からディスクによる押え込み、表土の被覆までを1工程で行うため、きれいに、より速く、しかも低コストでティフトン芝などを造成することが可能になります。

「エムウェイ工法」にはこんな特長があります

風に影響されない

従来工法では、施工時にかなり風の影響を受けるため、ムラになりやすく、強風時の施工は不可能です。エムウェイ工法では、機械内部の散布機によって芝苗を均一にばらまくため、風の影響を全く受けず、均一に確実に芝苗を植え付けることができます。

仕上がりがきれいで速く、均一

従来工法では、施工時にムラが多い(裸地部が多い)ため、仕上がりもムラになりがちです。エムウェイは、芝苗専用散布機により均一に芝苗を散布し、植え付けるため、仕上がりも格段に美しくなります。

施工時の芝苗のロスが少ない

従来工法では、人力による散布後、迅速に耕運機で芝苗を土に混ぜ込まなければ、乾燥による芝の枯死リスクが非常に高いものとなります。また、耕うんの深さにより、バラつきがあるため、表層にある苗以外はほとんどが無駄となってしまいがちです。エムウェイは、芝苗の散布から抑え込み、表土の被覆までを連続して1工程で行なうために、施工時の芝苗乾燥・枯死リスクはほとんどありません。

三木総合防災公園陸上競技場

京都府京丹後市八丁浜サッカー場